090-4493-3068

ブログ

2017/12/18(月)

靴底の内側がすり減っている場合

カテゴリー:【ヘルニア】, 【坐骨神経痛】, 【慢性腰痛】, 【脊柱管狭窄症】, 【腰椎すべり症】

 


こんにちは!

大阪京橋で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 神白−かみしろ−
院長の中川真人です。

本日もブログをご覧頂きありがとうございます。

今回は前回に引き続き、靴底シリーズをやっていこうと思います。

前回は靴底の外側がすり減っている人の特徴をお伝えしました。

僕も外側タイプなんですけど、確かに太ももの外側が張りやすいと感じています。

今回は反対側の内側がすり減っているケースをお話ししようと思います。

男性は少ないかもしれませんが、女性は要注意かも・・・

↓↓↓

靴というものは本当に体の動きを反映しています。

姿勢もしかり、歩行もしかり、体の使い方もしかりです。

普段から何気なく行う動作だからこそ、負担がかかっていると積み重なって行きます。

逆に綺麗に歩けてたら腰痛知らずの体になっていくことができます。

日々、意識して綺麗に歩いてみましょう^^

本日も愛読頂きありがとうございました。

整体院神白
中川

長年の腰痛やヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、腰椎すべり症、産後の痛み・・・

痛みのせいで我慢しないでください

年のせいだからなんて言わないでください

腰痛に関する不安、疑問、質問など。

どんな些細なことでも大丈夫です。お気軽にご相談下さい。

無料相談はこちら

「気になるけど、人柄や治療の考え方などをもっと知ってから行きたい」「限定キャンペーンを知りたい」
そんな方はこちら
↓↓↓
腰痛改善の知識を受け取る

 

 

 

12月9日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

090-4493-3068

【受付時間】10時〜22時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。