090-4493-3068

ブログ

2018/02/13(火)

【番外編】あなたのくしゃみを一瞬で止める方法 【大阪京橋の腰痛専門整体院】

カテゴリー:【ヘルニア】, 【坐骨神経痛】, 【慢性腰痛】, 【脊柱管狭窄症】, 【腰椎すべり症】, 院長のつぶやき, 院長の日常

 

こんにちは!

大阪京橋で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 神白−かみしろ−
院長の中川真人です。

本日もブログをご覧頂き有難うございます(^ ^)

 

本日は【番外編】あなたのくしゃみを一瞬で止める方法をお話ししたいと思います。

最近番外編ばっかり書いてますねw

 

くしゃみを出したくない時ってないですか?

 

会議の時とか、静かな空間でディナーを食べている時とか。

 

 

実はこんな簡単な方法で出そうなくしゃみを一瞬で止めることができます^^

↓↓↓

 

 

くしゃみは神経の一つである三叉神経から司令が送られてくる反射運動です。

基本的は反射運動は意識的には止めることはできません。

 

ではなぜ、この方法で反射を止めることができるのか?

 

それはくしゃみの司令をする三叉神経に新しい刺激を上書きして与えているからなんです^^

 

その場所は動画でお伝えしているハナミズロードなのです。

 

本日も愛読頂き有難うございました(^^)

整体院神白
院長 中川真人

 

※ページ下部に編集後記あり

 

長年の腰痛やヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、腰椎すべり症、産後の痛み・・・

痛みのせいで我慢しないでください

年のせいだからなんて言わないでください

腰痛に関する不安、疑問、質問など。

どんな些細なことでも大丈夫です。お気軽にご相談下さい。
↓↓↓
無料相談はこちら

 

「気になるけど、人柄や治療の考え方などをもっと知ってから行きたい」「限定キャンペーンを知りたい」
そんな方はこちら
↓↓↓
腰痛改善の知識と限定キャンペーン情報を受け取る

 

【編集後記】

 

 

くしゃみの豆知識

 

くしゃみとは痙攣的な吸気をした後に、強烈な呼気をすることで成り立っています。

 

くしゃみの役割としては2つあります。

 

一つ目は鼻腔内の埃や異物を、強烈な空気で排出するため。

 

二つ目は体温をあげるためです。

 

埃や異物は付いてくるウイルスを退治するためにくしゃみが反射として活用されています。

体温は鼻腔内の体温が下がった際に、身体を痙攣させて体の温度をあげているんです。

人の身体は色々なメカニズムの元に守られているのですね。

 

今回は止める方法を伝えましたが、出せる時は出しましょう^^

 

ちなみに出そうで出ない時は、電灯など明るいものをみたら出ますのでお試しあれ。

 

 

【こんな記事もよく読まれています】

こたつの座り方による腰痛のタイプ

新発表! 腰痛の原因部位ランキング3位〜1位

 

 

 

 

8月12日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

090-4493-3068

【受付時間】10時〜22時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時〜22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。